働きながらIT・WEB業界への転職を成功させるためのコツとは

今、IT業界に注目が集まっています。IT専門の会社でなくても、社内システムを組み上げる、社内SEという職を募集している企業も多くあります。さらに、近年、RPAという単純作業を全てロボットにさせようとする動きが目立ちます。これは、少子高齢化する日本の中で、労働力不足が叫ばれており、それを改善するために、多くの企業が参入していると考えられます。しかし、現在のRPAは、まだまだ、金額の高いものばかりです。

そのため、全てを社外に委託するのではなく、設定・管理は自社内で行う企業が多いです。これらの理由から、IT業界は、需要が高く給料も、他の業界に比べて、高めに設定されています。
また、Web業界も同じように好調です。

インターネット回線の速度が上がっているため、クラウドの技術が発達し、今やオンプレミスでの開発は、古いものという印象も受けます。そのような中でIT・Web業界への転職は、長期的なキャリアプランを考えた時に、非常に大きなメリットがあります。

しかし、他業界から、IT業界に踏み込むのは勇気が必要です。いきなり、仕事を辞めて、飛び込むのではリスクが高いでしょう。そのため、今回は、今の仕事を続けながら、IT・Web業界への転職を成功させるための方法を説明します。

転職・就活

初回公開日 :

2018-04-17


最終更新日 :

2018-07-05

働きながらIT・WEB業界への転職を成功させるためのコツとは
無料でで超優良企業から「最短14日」で内定が貰える!最短14日で内定が貰える秘密はコチラ

1.転職活動を始めるにあたり、働きながら事前に確認しておきたいこと

転職活動において、まず始めに確認すべきなのは、自分自身について、よく知ることです。ここでは、代表的な自己分析について、書き出してください。

1.1 キャリアの棚卸し

これまで、あなたがどのような仕事をしてきて、どういった能力や、知識があるのかということを明確にしましょう。これまでに、苦労したことや、努力して結果を出したことなどの経験も、あなたにとって、掛け替えのないものです。出来ることなら、これまでの知識や、経験が活きる形での転職の方が、肉体的にも、精神的にも、負荷が少なくて済むでしょう。

1.2 最終的には、どのような働き方をしたいのか

次に考えるべきことは、就職した先に、どのようなことをしたいのかです。例えば、あなた自身の長所を活かせる仕事をして、結果を出したいのか、お客さんの顔が見えるような仕事をしたいのか、仕事が忙しかったとしても、労働環境や、賃金を優先したいのか。

これらを考えて、その考えを、後押ししてくれるような企業を選択するべきでしょう。企業によって、社風は様々です。新人の教育に力を入れている企業もあれば、いきなり、現場に出て、仕事をする中で、能力を付けるOJTという働き方が、メインの企業もあります。また、単に、プログラミングや、コーディングをするだけなのか、その先に、SEやマネージャーといった上流工程を経験できるか、否かでも、大きくキャリアが変わってくるでしょう。

1.3 今の会社を辞めたい本当の理由を考える

次にやるべきことは、自分が、なぜ今の会社を辞めて、転職したいのかを考えることです。例えば、今の職場の人間関係が嫌だからといった、人間関係を理由に、転職する人が多いです。その場合、なぜその人が嫌なのか、その人のどういった所が嫌なのかを明確にし、自分自身が変わることで、解決できないのかを考える必要があります。

そうしないと、いくら転職を重ねても、同じような状況で詰まり、再度、転職をする必要が出てきます。転職を短い期間で重ねる程に、次に転職は難しくなります。そうなる前に、自分が何に対して、ストレスを感じるのか。そして、それは自分を変えることで、良い職場にできないのかを検討しましょう。

理想的な転職のタイミングとしては、今の会社で、学ぶことがなくなった時です。どのような会社であっても、自分の勉強になることがありますし、成長する場というのはあるものです。他人に「この職場で、学べることは全て学びきった」と自信をもって、言えるくらいになれば、転職のタイミングでしょう。

2.働きながら、転職活動をする問題点と、最適な時期とは?

働きながら、転職活動をすることには、収入を得ながら、活動できるといったメリットがある反面、デメリットも存在します。ここでは、働きながらの転職のデメリットを見ましょう。

2.1 時間が確保できない

まず初めに、大きな障害となるのは時間でしょう。仕事をしながらの転職活動は、非常にスケジュールがタイトです。最近では、そういった転職活動をする人が多くなってきているので、19時以降に、面接をしてくれるという会社もあります。

しかし、まだまだ、そういった会社は少数派ですし、何より場所が限定されます。仮に、現在の職場が大阪にあり、就業時間が、平日の9時から、17時だとします。すると、面接を受けることの出来る企業というのは、大阪・京都・兵庫あたりに限られてくるでしょう。本当なら、受けたい会社が東京にあるのに・・・なんてことにもなりかねません。そういった場所や、時間の制限があるという点は、働きながらの転職の大きなデメリットでしょう。

2.2 疲労が溜まる

仕事をしながらの転職活動は、体力的にも、非常に厳しいものです。転職活動は面接だけではなく、履歴書や、職務経歴書を書くといった作業が必要でしょうし、自分のことを見つめなおすためにも、時間が必要です。

疲労が溜まった状態での面接では、結果を出すことが難しくなりますし、面接官の印象も良くないでしょう。スケジュールの組み方次第では、難しい転職活動になるのです。

2.3 モチベーションが持続しない

先程の項でも述べたように、スケジュールの問題が影響してきますが、働きながらの転職活動は、短期間で終わらないことが普通でしょう。長期的に転職活動を行うのは、高いモチベーションがないとできません。

特に、面接に落ちると「結局、今の仕事のままで良いのかな」なんてことを考えます。もしも、この時点で職がなかったとすると、何とかして受かろうとしますが、働きながらの転職では、今の会社で妥協するという可能性が出てしまいます。これは、非常に大きなデメリットではないでしょうか。

3.IT・WEB業界への転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用しよう

近年、IT・WEB業界の需要の高さから、業界に特化した転職エージェントが多数存在します。実は、こういった転職エージェントを利用する方が、転職が成功する可能性が高くなるのです。その理由は、転職エージェントが、既に企業との信頼関係を築いてくれているからです。

転職エージェントによって、正確に能力を確認された転職者は、受け入れる側の企業としても、安心感があります。さらに、仲介料として、エージェントにお金を払っているだけあって、エージェント側も必死になります。もしも、下手な人材を提供してしまえば、今後、自分たちの会社が危険にさらされることになるのですから。

そして、転職エージェントを利用する転職者にとっては、自分の実力が、どのくらいIT業界で使えるものなのかといった部分や、詳しく、IT業界について知れるため、大きなメリットがあります。

様々な会社がある中で、どの会社が、自分に合っているのかを見つけ出すには、時間も労力もかかります。その手間を一気に解消してくれるのが転職エージェントであり、転職エージェントを利用しないのは、勿体無いことでしょう。

また、自己分析や志望動機などの相談にも乗ってくれますし、無料で使えるため、まだ、転職を始めた所であったとしても、一旦、登録すると良いでしょう。ここでは、お勧めの転職エージェントを紹介します。

3.1 TREX

無料で、超優良企業から「最短14日」で内定が貰える転職エージェントになります。独自の審査システムで、掲載企業様の振るいをかけているので、余計な面談などがなく、すぐに内定が貰うことができるので、お客様満足度 97.8%といった高い満足度を誇ります。

□3つの特長

1.自分に合った企業を一緒に探し、紹介してくれる。
2.模擬面接を用意し、自分の力を最大限に発揮できるサポートも充実。
3.登録から最短14日で内定が貰うことが出来る。

URL: TREX

3.2 リクルートエージェント

転職支援実績No,1を誇っており、優秀な専任アドバイザーが数多く所属している転職エージェントになります。相談から、入社までの全工程を、最後までサポートしてくれます。また、会員登録をすることで、それまで閲覧できなかった、約80%の非公開求人を、全て閲覧することができます。

登録料金や、その他サポート費用は、一切かからないので、是非、会員登録してみてはいかがでしょうか。IRの求人も数多く掲載されています。

□3つの特長

・質の高いアドバイザー
・充実した転職サポート
・10万件以上の非公開求人

参考URL : リクルートエージェント

3.3 レバテックキャリア

IT/Web業界のエンジニアと、クリエイターに特化した転職支援サイトと有名です。

□3つの特長

・IT/Web業界の業界動向や最新技術に関する情報に詳しい
・キャリアアドバイザーは、さまざまな業界出身者から構成されているので情報痛が多い
・企業に訪問するリクルーティングアドバイザーがいるため、現場のニーズと転借者のスキルのミスマッチが起こりにくい

参考URL : レバテックキャリア

3.4 転職エージェントは、複数を並行して使うべき

さて、業界でも、最有力候補の3つをご紹介しましたが、ここでお勧めしたいのは、出来るだけ多くのエージェントを並行して、利用するということです。並行して、利用することのメリットとしては、より多くの求人を見られるという点以外にも、より深い自己分析や、志望動機を作れるからです。

また、前述したように、会社によっては、優れた教育制度を整えている所もありますし、ある分野に、特化しているサイトも存在します。それぞれのエージェントの良い所を並行して使うことで、より良い条件での転職が叶います。

4.まとめ

今回は、働きながら、転職活動をする事について、説明しました。働きながら転職するというのは、体力的には、辛い反面、焦る事なく、じっくりと良い企業を選べるという、大きなメリットがあります。

転職は、人生で何度もするものではありません。短期間で、何度も転職してしまうと、将来的なキャリアにも影響してきますので、一度の転職で、最大限条件に合う、企業を選べるに越したことはありません。そのためにも、準備に時間をかけて、転職を成功させましょう。

【お客様満足度97.8%】第二新卒の転職ならTREX

無料でで超優良企業から「最短14日」で内定が貰える!最短14日で内定が貰える秘密はコチラ
20代で...超優良企業から内定が貰える魔法の杖があったとは・・・