入社3カ月程度で仕事を辞めたいと思った時の正しい転職方法とは

入社して3ヶ月。研修期間が終わり、人間関係も目まぐるしく変わっていくこの時期は、様々な理由から仕事が辛いと感じ始める時期でもあります。つい「もう、この仕事辞めたい…」と思ってしまう事もあるかと思いますが、そのような時、果たして辞めるのが正解なのでしょうか。また、もし辞めるのであれば、どう転職活動を行っていけば良いのでしょうか。

今回は、入社3ヶ月程度で仕事を辞めたくなる理由をは始め、辞めない方が良いケース、辞める場合にお勧めの転職サービスまでを一気にご紹介していきたいと思います。

転職・就活

初回公開日 :

2018-06-24


最終更新日 :

2018-07-05

入社3カ月程度で仕事を辞めたいと思った時の正しい転職方法とは
無料でで超優良企業から「最短14日」で内定が貰える!最短14日で内定が貰える秘密はコチラ

1.入社して3カ月が経過すると、どんな理由で辞めたくなるのか?

入社3ヶ月程度で仕事を辞めたくなる理由には、以下のようなものがあります。

①「思っていた仕事と違う」
②「人間関係が上手くいかない」
③「通勤や生活が大変」

それぞれどういう事なのか、順番に説明していきます。

1.1 「思っていた仕事と違う」

辞めたくなる理由の多くに、仕事内容が思っていた内容と違う、というものが挙げられます。ここには、配属された部署が希望の部署ではなかった場合、希望の部署であったものの実際の仕事内容が想定と異なっていた場合、仕事が想定より難しかった場合や逆に簡単すぎる場合など、様々な場合が含まれます。

いずれにせよ、希望とのミスマッチが起こっているわけですから、そのストレスは相当のものです。現在の仕事をしている事自体に不満がありますので、「こんな仕事をしたいわけじゃない」「いつまでも、こんな仕事をしていられない」と考えるようになり、辞めたいという気持ちがどんどん高まっていきます。

1.2「人間関係が上手くいかない」

①と同じく辞めたくなる理由の中で、非常に多いものとして、人間関係のトラブルが挙げられます。人間関係の中で最も大きな問題は、上司との関係でしょう。特に上司が厳しく、何かにつけて怒ったり、注意したりするタイプである場合、部下は常に怯え、振り回されてしまいます。

こうなると、上司の顔色を伺う事が優先になってしまい、中々仕事にも集中できません。結果として、上司から離れるために辞めたい、より良い環境の職場に転職したいという思いが強くなっていきます。

また、他にも、同じ部署で働く同僚と馬が合わない場合もあるでしょう。仕事は同僚とのチームプレーでもあります。同僚と合わなければ、その分、仕事はやり辛くなり、次第に仕事自体が嫌になってきてしまいます。

1.3「通勤や生活が大変」

仕事内容や人間関係に問題が無くても、慣れない社会人としての生活や通勤のストレスなどによる疲労から、仕事を辞めたくなってしまう場合があります。通勤に片道1時間以上掛かる場合や、引っ越し・一人暮らしが初めてという場合は特に、日々の生活や通勤だけで負荷がかかり、疲弊してしまいます。

上手に息抜きしたり、負荷がかからないように工夫出来れば良いのですが、あまりに大変な場合は仕事を辞める事も選択肢に入ってくるでしょう。

2.辞めたくても、このような状況なら転職活動はしない方が良い

仕事を辞めたくても、すぐに転職活動をしない方が良い場合もあります。以下に幾つか例をご紹介しますので、このような状況である場合はすぐに転職活動をせず、一度考え直してみましょう。

2.1 仕事内容が難しすぎる/簡単すぎる場合

先に挙げた「思っていた仕事と違う」ケースのうち、仕事内容が難しすぎる、または簡単すぎると感じている場合については、いきなり転職活動をせず、まずは一度上司に相談してみましょう。「別の仕事であれば、もっと自分の実力を発揮出来る」事を明確にアピールすれば、担当する仕事を替えてもらえる場合もあります。

また、仕事が簡単すぎると感じている場合については、現在与えられている仕事をどんどんこなし、「もっと難しい仕事にも取り組める」事をアピールしましょう。上司に実力が認められれば、他の仕事も任せてもらえるようになる筈です。

2.2 上司が厳しいと感じる場合

また、上司が厳しいと感じる場合についても、いきなり辞めて転職活動に移ったりせず、一度落ち着いて、状況を整理してみましょう。上司が厳しいと感じるのは、大抵の場合怒られた時でしょう。ですが、そもそも上司は何故、部下に対して怒るのでしょうか。

部下から見ると「怒りたいから怒っている」ように感じるかも知れませんが、実はそういうケースばかりではありません。中には、叱咤激励のつもりで怒っている場合や、指導に熱が入るあまり、つい厳しい言い方になってしまっている場合もあります。

上司は部下のために怒ってくれているのかも知れません。上司の言葉が厳しく感じる場合、まずは一度上司の立場から、何故、そう言うのかを考えてみましょう。そして、自分のために言ってくれていると思えるのであれば、その言葉を有難く受け取るようにしましょう。

厳しい言葉に耐え、一生懸命努力をすれば、あなたは大きく成長出来ます。成長する機会が与えられたのだと思って、前向きに仕事に取り組みましょう。

3.病気になりそうなら転職サイトや転職エージェントを利用しよう!

辞めたくなる時にぐっと堪えて、仕事を続ける事も重要ですが、明らかに希望と違う仕事をやらされ続けているケースや、何度訴えても状況が変わらないケースであれば、話は別です。無理を続ければ体も心も壊してしまいます。病気になってしまう前に、転職サイトや転職エージェントを利用し、転職するようにしましょう。

ここからは、キャリアが浅い人にお勧めの転職サービスを幾つかご紹介します。転職活動を始める際の参考にしてみて下さい。

お勧め転職サービス①:Trex

Sophia Visionary 株式会社が運営するTrexは、第二新卒の支援を専門としている、最短14日で超優良企業から内定をもらえる転職サービスです。独自の審査システムと面接ノウハウを持っているため内定率が非常に高く、アフターフォローも充実している、第二新卒であれば利用したいサービスとなっています。

公式ページ:http://bakcy.jp/

お勧め転職サービス②:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、「マイナビ2019」「マイナビ転職」等、有名な就職・転職サイトを手がける株式会社マイナビグループが運営する、20代・第二新卒に特化した転職サービスです。

プロのキャリアアドバイザーによるカウンセリングが受けられる他、東京・大阪・名古屋を中心に転職ノウハウを無料で教わる事の出来るセミナーを多数開催している、各都市に住んでいる人であれば、必ずチェックしておきたいサービスです。

公式ページ:https://mynavi-job20s.jp/

お勧め転職サービス③:DODA

パーソルキャリア株式会社が運営するDODAは、エージェントサービスやスカウトサービス、キャリアタイプ診断等、豊富な転職関連サービスがある事が魅力です。未登録でも多くの求人情報を閲覧する事が出来ますが、エージェントサービスを利用すれば、更に良質の非公開求人を多数紹介してもらえますので、きっと、希望に合った求人を見つける事が出来るでしょう。

公式ページ:https://doda.jp/

4.まとめ

入社から3ヶ月が経つと、仕事内容や人間関係等から、様々な不満が生まれ、仕事を辞めたいと思う気持ちが出始めます。そのような時、ぐっと堪えて頑張る事も大切ですが、場合によっては、きっぱり辞めるという決断も必要になってきます。

もし病気になりそうな状況であれば、良質な転職サイトや転職エージェントを利用し、あなたに合った転職先を探しましょう。人生は一度きりです。時間を掛けてよく考え、後悔しない選択を目指してみて下さい。

【お客様満足度97.8%】第二新卒の転職ならTREX

無料でで超優良企業から「最短14日」で内定が貰える!最短14日で内定が貰える秘密はコチラ
20代で...超優良企業から内定が貰える魔法の杖があったとは・・・