Webエンジニアの転職を成功させるための全ての方法&厳選企業9選

近年、Webエンジニアの需要が、非常に高くなってきています。Webの特徴としては、VB.netや、C言語のように、コンパイルの必要もありませんし、実際に、利用する際のインストールも必要ありません。さらに、クラウド環境がベースとなっている、現在のIT業界では、Web系の言語が出来ることが、もはや、必須と言っても、過言ではありません。

非IT業界であっても、Gsuiteを始めとした、クラウド環境を使っている企業も多く、それらを連携し、独自の社内システムを作り上げることも、可能なWebエンジニアは、幅広い企業から求められています。今回は、Webエンジニアが転職を成功させるために、重要な手順、具体的な方法とWebエンジニアを募集している企業9社をご紹介していきます。

転職・就活

初回公開日 :

2018-06-22


最終更新日 :

2018-11-06

Webエンジニアの転職を成功させるための全ての方法&厳選企業9選
無料でで超優良企業から「最短14日」で内定が貰える!最短14日で内定が貰える秘密はコチラ

目次

1. Webエンジニアとは?1日の仕事内容について

まずは、Webエンジニアとはどういう仕事なのか、どのような1日を過ごしているのかを解説していきます。似たような言葉にSE(システムエンジニア)や、プログラマーという仕事もありますが、どう違うのか見ていきましょう。

1.1 Webエンジニアの仕事

Webエンジニアとは、普段、私達がインターネットに接続して、利用しているWeb上のポータルサイトやECサイト、Webアプリなどを開発する仕事です。そのようなWeb上のサービスを作るには、様々な工程があります。

作り始める前に、どこをクリックしたら、どのようなページに飛ぶのか考えたり、コーディングといって、プログラミング言語を書いたりします。サービスが出来上がった後も、バグが出ないかチェックしたり、Webサービスを使いやすく改善していくのも、Webエンジニアの仕事です。

よく耳にするSEとは、どう違うのか気になる人もいるでしょう。SEとWebエンジニアは、明確に区分できるものではなく、人や企業によっても、定義の仕方も違います。SEはWebに限らず、様々なITシステムの開発などをする仕事です。

当たり前ですが、我々が普段目にするサービスの他にも、ITシステムは使われています。例えば、銀行もITシステムを使って、様々な管理を行っていますが、Webを使わない、ITシステムもあるのです。

このようなWeb以外のITシステムも開発しているのが、SEで、WebエンジニアはSEの中でも、Web上のサービスを開発する仕事です。つまり、WebエンジニアはSEの一種といえます。

また、Webプログラマーという言葉も、耳にすることが多いですが、WebエンジニアとWebプログラマーも、明確に区分するのが難しい職業です。企業によって、区分方法が違いますが、Webプログラマーは、Webエンジニアの仕事の中でも、主にプログラミング言語を書く(コーデイング)人を指します。

Webエンジニアもコーディングを行いますし、Webプログラマーがコーディング以外の仕事をすることもあるので、人や企業によって定義は様々です。ちなみに、コーディングだけを行うだけのポジションを、特にコーダーと呼びます。

1.2 「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」

Webエンジニアは大きく「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」の2つに分類されます。もしフロントエンジニアでしたり、バックエンドという言葉を耳にしたら、Webエンジニアのことだと思っていいでしょう。

「フロントとバック」は「前と後ろ」を意味しますが、ユーザーから見て、Webサービスの前側を開発するか、後ろ側を開発するかの違いです。フロントエンドエンジニアはマークアップエンジニアと呼ばれることもあり、ユーザーから見える部分を開発しています。

Webサイトのデザインを作ったり、どのボタンをクリックすると、どう動くか開発するのがフロントエンジニアの仕事です。デザインは専門のWebデザイナーに任せて、開発だけをするエンジニアもいれば、自らデザインも行うフロントエンジニアもいます。

バックエンドエンジニアは、サーバーエンジニアと呼ばれることもあり、サーバーの管理者です。フロントエンジニアと対になり、我々から見えない部分を開発しているため、イメージしづらいでしょう。Webサイトを作る時のサーバーや、データベースを構築するのが仕事です。

ユーザーから見えない部分を開発していますが、Webサイトを作るのに、とても重要な仕事を果たしています。対になるフロントエンドとバックエンドですが、どちらの工程も行えるエンジニアもいます。

コインの表と裏の関係になるので「どちらか一方は詳しいけど、逆の方は全く分かりません」となると仕事になりません。強みを持つのは大事ですが、どちらの知識や技術もバランスよく習得していくのが、Webエンジニアとしてキャリアアップしていくのに必要となります。

1.3 Webエンジニアの1日

IT業界にいないと、中々、出会わないWebエンジニアですが、どのような一日をすごしているのでしょうか。一日中、PCの前でキーボードを叩いているイメージがある人もいると思いますが、そのようなことはありません(そういう人もいますが)。実は社内、社外問わず、様々な人と関わりながら仕事をしているのです。

Webエンジニアは、仕事の特性上、常に企業にいなくても、仕事ができるため、働き方も多様化しています。特に、IT企業はWebエンジニアの作業能率をアップするためにも、従来の時間で縛る働き方よりも、エンジニアの働きやすい環境を作る企業が増えています。

当然ですが、毎日定時に出社退社をするエンジニアもいますが、正社員でも、昼ごろに出社する人もいれば、ミーティングなど出社する用事がなければ、家で仕事をする人もいます。

最近では、エンジニアのニーズが高まっていることから、独立して、フリーエンジニアになる人も増えています。開発を依頼したい企業は増えているので、プロジェクト単位で参画しているので、エンジニアによっては、週に2~3日だけ出社する人もいますし、基本は家で作業をして、打ち合わせの時だけ、会社に来る人もいます。

残業だらけで、ブラックな環境で仕事をしているイメージのあるエンジニアですが、残業があるかはプロジェクト次第ですし、フリーになって、悠々自適に、仕事をしているエンジニアもいるのです。

また、エンジニアになれば、人に会わずに仕事ができると思っている人もいますが、実際には、そのようなことはありません。どのようなWebサイトを作るかで、どのような機能をつけるのか、どのようなデザインにするのか、社内やクライアントと正しく打ち合わせが必要になってきます。

これらの要件定義が、明確に出来上がって、初めて開発が進められるのです。キャリアのスタート時は、指示通りにコーディングしていく日々もありますが、キャリアを積むに従って、クライアントとの接点やチームとのコミュニケーションも重要になっていきます。

2.Webエンジニアの年収

エンジニアを目指す人にとって、一番重要なのは、エンジニアがどれくらいの年収をもらっているかではないでしょうか。ここでは、Webエンジニアがどれほど年収を貰っているのか、どうすれば、年収が上がるのかを紹介していきます。

2.1 30代Webエンジニアの平均年収は約500万円

Webエンジニアの平均年収について、様々な機関が調査をしていますが、明確に、Webエンジニアの平均年収を出しているデータはありません。そのため、いくつかのデータを組み合わせて考えてみます。まずは、最も信頼性の高い経済産業所の「IT関連産業の給与等に関連する実態調査結果」を見ていきます。

(http://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf)」

資料中には「職種別の年収平均とスキル標準レベル」と「スキル標準レベル別の年収の平均」というグラフがあります。Webエンジニアという区切りではありませんが、IT関連の仕事をしていて「独立して仕事ができる中堅人材レベル」での平均年収が576万円とされています。

次に参考にするのが、Web業界の求人に強い転職サイト「FindJob」が出した「Webエンジニア・Webプログラマの平均年収・給料・給与(https://www.find-job.net/income/shokushu-203/)」というデータ。

こちらでは、平均年収が456万円と掲載されています。知りたいことが全てわかるデータのように思えますが、実際に稼いでいる金額ではなく、インターネット上で掲載されている求人情報を元に、算出したものです。転職してからの給与アップや、新卒で入社してから、給与アップした人材の年収は考慮していないため、実際の平均年収は、もう少し高いことが予想されます。

もう一つ、参考に出来るデータは、大手転職サイトリクナビNEXTが発表した「30代エンジニア2180に聞いた平均年収の実態と満足度」になります。

(https://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=002284)

こちらのデータでは30~35歳の「システム開発(Web・オープン系)」の平均年収は512万円と発表されています。3つのデータの中で、最も適格にWebエンジニアの平均年収を出しています。他のデータとの兼ね合いも考えて、30代のWebエンジニアの平均年収は、約500万円と言えるでしょう。

2.2 現場から離れるほど年収アップ?

平均年収と並んで気になるのが、どのような仕事をしたら、高い年収を貰えるかというポイントだと思います。先ほども出てきた経済産業省の「IT関連産業の給与等に関連する実態調査結果(http://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf)」を見て考えてみましょう。

資料では「職種別の年収平均とスキル標準レベル」として、IT業界に関する、様々な仕事の平均年収が表示されています。開発・実装をしているエンジニア達の平均年種が500万円代で、技術を磨き、高度SEやスペシャリストになると、平均年収が700万円にアップします。エンジニアが技術を磨いて、年収を上げるのはイメージしやすいでしょう。

さらに、興味深いのが、スペシャリトよりも、コンサルタントやプロジェクトマネージャー(PM)と呼ばれる仕事の方が、平均年収が高いことです。コンサルタントやPMもエンジニアの一般的なキャリアパスですが、技術を磨いただけでできる仕事ではありません。

例えば、コンサルタントはWebサービスを使って、どのように売り上げを上げるか、経営的な視点で提案する仕事です。PMはプロジェクトが円滑に進むよう納期の管理など、マネジメントをしていくのが仕事になります。

小さい組織では、コンサルタントやプロジェクトマネージャーも現場で動く場合もありますが、大きい組織になるほど、現場から離れますし、コーディングができないコンサルやPMもいます。

当然ですが、現場で開発するエンジニアがコンサルやPMよりも、高い年収をもらう場合もあります。エンジニアとして、ひたすらに技術を磨いていくのか、提案力やチームマネジメントの技術を身に着けていくかは、年収を決める大きな要素になるでしょう。

3.Webエンジニアになればどのようなキャリアが得られるのか?

最後に、Webエンジニアがキャリアを重ねていく上で、どのような方向性があるのかを大きく「スペシャリスト」「マネージャー」「ビジネス」に分けて説明していきます。仕事ではなく、あくまで、キャリアの要素なので、一つに絞る必要はありませんし、人によって、向き不向きもあるので、自分のキャリアを考える上で、参考にしてください。

3.1 スペシャリスト

スペシャリストは、コーディングの技術を磨いて、高度SEやアーキテクチャと呼ばれるポジションになっていくことです。現場の第一線で活躍することが求められ、難易度の高い技術的なプロジェクトも任されます。一般的なエンジニアを、複数人採用するより、スペシャリストを一人採用する方が作業効率もよく、コストパフォーマンスもいいので企業から重宝されます。

新しい技術が好きだったり、コーディングすること自体が好きな人は、スペシャリト方面のキャリアに向いているでしょう。常に高い技術を求めているので、勉強会に参加したり、高い技術力を持つ人と交流することで、より技術を磨いてキャリアアップできます。

3.2 マネージャー

マネージャーは、現場の第一線ではなく、管理職になっていくキャリアです。チーム規模が小さい時は、プレイングマネージャーとして、マネジメントをしながら、自分も手を動かすことが求められます。チーム規模が大きくなると、現場から離れて、プロジェクトやエンジニア達のマネジメント業務がメインになっていきます。

採用や育成、組織設計や制度設計など、チームの人たちが、無駄なく作業できる環境を作ることが、マネージャーには求められます。特に、エンジニアの採用は技術チェックなど見るポイントが、他の職種に比べて専門的なため、企業によっては、エンジニア専用の採用人事を置くこともあります。

技術と組み合わせると技術部長となりますし、ビジネスと組むと事業部長になるなど、基本的に人の上に立って、仕事をするケースが多くなります。現場で、自分が頑張るよりも、他の人を活かすことが好きな人に向いているでしょう。

3.3 ビジネスマン

ビジネスマンは、開発そのものではなく、開発を通して、ビジネスを拡大していくキャリアです。スキルを徹底的に磨くよりも、ビジネスモデルを考えたり、仕様を決める、企画的な業務が任されることが多くなります。技術的な知識に留まらず、経営に関する知識も求められ、エンジニアがいる開発チームと、それ以外の社員との橋渡し役としても重宝されます。

IT企業ではCTO(chief technical officer)という、技術的な側面から、経営を任されるポジションがありますが、エンジニアとしての技術力と、経営者としてビジネススキルが求められます。

IT企業でも、技術的な知識には疎い経営者もいるため、技術も経営も分かる人材はとても貴重になります。企業のコアメンバーなので、技術面でも、マネジメントでも、高いスキルが求められるポジションです。

4.Webエンジニアが転職を成功させるための7つの手順と具体的方法

Webエンジニアの転職に、重要なポイントを7つに分けて、説明していきます。基本的な部分から、説明していますので、是非、一つずつ、クリアして言ってください。

4.1 転職の流れを把握し、事前計画を立てる

転職において、事前の計画を立てることは、非常に重要なことです。しかし、多くの人が、この工程を怠った結果、転職に失敗します。計画を立てることなく、場当たり的に、面接を行い、準備不足で不採用になる。このような、不毛なやりとりをするのは、計画・準備が足りないからです。準備に、多くの時間をかけることで、スムーズな転職活動が可能になるのです。

具体的には、どう言った企業を目指すのかということを考えます。Webの技術の中でも、UIや、ユーザビリティということを考える、WebサイトのJavaScriptといった部分の開発を行うのか、内部システムを作る会社を目指すのかで、やるべきことや、勉強すべき言語も変わってきます。

また、1ユーザーが使うようなWebシステムを作るのと、企業が利用するようなツールを作るのとでは、仕事のやり方も変わってきます。まずは、そういった部分を明確にする必要があります。

その際に、言語の選択も、非常に重要になってくるでしょう。PHPなどのサーバーサイド言語を作るのか、アプリを作成するような言語を学んでいきたいのかといったことを決めるだけでも、受けるべき企業は変わります。

次に、これらの情報を元に、情報収集をします。企業ごとに、特徴があり、得意分野と、不得意な分野が、明確に別れます。自分が学びたい・成長したいと思う分野に、強い企業を選ぶか、新しい事業を多数展開している企業で、最新の技術や、新しい刺激を求めるのかといった、働き方の部分を含めてできるだけ、多くの情報を収集するようにしましょう。

4.2 なぜ、転職するのかの目的を明確にする

転職する目的。これがあるのかないのかでは、非常に大きな差が出てきます。面接に対する熱も変わりますし、面接官に伝わる人間性にも、影響してきます。就職にあたり、判断基準となる部分には、下記のようなものがあるでしょう。

・労働時間
・給料
・働きがい
・学べる環境
・人間関係
・会社の将来性
・会社のビジョン

もしも、これ以外にも、自分が重要視している部分があるなら、加えてください。ここで考えて欲しいのは、現在の会社では、これらの項目が、10段階評価でいくらになっているのかです。そして、それらが、どのくらいの企業であるなら、転職が成功したと思えるかです。

ここで重要なポイントは、「全てにおいて、完璧な企業は存在しない」ということです。労働環境が良くて、残業はない。でも、給料は高くて、会社も安定している。そのような会社は存在しないのです。転職で失敗する人の原因は、完璧な企業を探すからです。重要なのは「自分は何に妥協できて、何にこだわりを持って、転職するか」という現実を見ることです。

先ほど挙げた項目において、自分が転職に成功したと思える基準が決まったら、その中から優先順位を決めましょう。優先順位の高い項目が、自分が納得する値を十分超えてくるようなら、転職先として、決定しても良いかもしれません。ここでは、そのための基準を作ります。

4.3 自分の強みと弱みを分析する

続いて、自分のことについて、知るために時間を使いましょう。自分の事というのは、あなたが考えている以上にわからないものです。試しに、次の質問に答えてみて下さい。

・あなたは何をしている時に、成長を感じますか?
・あなたはWebエンジニアとして誇れる能力がありますか?
・何のために仕事をしていますか?
・あなたにとっての仕事の位置付けとは?
・あなたは、これからどのような技術を身に付けたいですか?
・あなたが目指す理想のエンジニア像は?
・あなたが最もストレスを感じることは、どのようなことですか?

多くの人は、回答に困ったのではないでしょうか。こういったことは、普段から、考えていないと中々、出てくるものではありません。転職の際には、こういった人生について考えるために、時間を使うことで、これからの社会人人生を、より充実したものに出来るのです。

そして、これらの質問を答えていく中で、自分の強みや弱みといった部分が見えてくるでしょう。それを見つけられるかが重要です。それは、

「強みを活かすために、これからどのような事を意識していくのか(どのような行動をとるのか)」
「弱みを克服するために、勉強することは(挑戦することは)なにか」

ということです。単に知って、終わりではないのです。

4.4 これまでの成功と失敗の棚卸しをする

これまでの経験は、他の人とは、違うあなただけのものです。その時のレベルに合わせて、様々な壁にぶつかってきたことでしょうし、同時に、それを乗り越えてきたはずです。そういった経験こそ、企業は知りたがっているのです。

特に、エンジニアにとって、失敗を乗り越えた数というのは、非常に重要になります。自分で問題を解決できる能力は、どこの会社でも、必要とされており、経験が多い人ほど優遇されるでしょう。そのため、ここでは出来る限り過去の経験と、そこから何を学んで、どう成長してきたのかを書き出しましょう。

4.5 時間をかけて、書類を作成する

さて、ここまできて、ようやく、書類の作成に入ります。多くの人が間違っているのは、この順番です。転職に失敗する人は、まず始めに、書類を作成してしまうのです。書類というのは、企業に対して、自分のことをアピールするためのものです。

新卒の就職活動では、企業に対するラブレターのようなものだと教えられます。これはその通りで、ただ自分の書きたいことだけを書いていても、良い印象は与えられません。ラブレターなら、相手の知りたいであろうことや、相手に対するメリット、相手に対する気持ちを書くことでしょう。

自分が、いかにすごいのかを書いても、相手からは見向きもされません。だからこそ、最初に、明確に自分が受けたい会社を絞り、情報を収集してきたのです。その会社が、どのような企業理念を持ち、どのような人材を欲しがっているのかを知った上で、それらと重なるような強みであったり、そのような能力をつけるために、これまで努力してきたことを書きます。

いきなり、履歴書や、経歴書を書き始める人は、こういった会社の求める内容ではなく、自分がアピールしたいことばかりを書くため、転職に失敗してしまうのです。ここで、特に考えておきたいのは、「コミュニケーション」についてです。

エンジニアは、一般的な印象としては、コミュニケーションが苦手と思われています。実際にそういう人が多いと思います。しかし、本来、Webエンジニアには、非常にレベルの高いコミュニケーションが要求されるのです。

相手が、どのようなサイトを作りたいのか。今後の会社としてのデータなどの運用管理の方法はどうなのか。こういったことを深くヒアリングできないと良いシステムは作れません。短期的に、良いシステムが作れたとしても、少しの仕様変更の度に、大幅なシステムの修正が必要になったりします。

そのため、最近の企業は、高いレベルでのコミュニケーションがとれるエンジニアを求めている傾向も強く、そういった内容についても、詳細に書いていきたい所です。

4.6 受けたい企業が興味のありそうなシステムを自分で開発する

さて、ここまでの項目で、経歴書については、完成したと思います。受ける企業によって、多少、修正したり、ブラッシュアップしたりする必要はあるでしょうが、1社目より、2社目・3社目とかかる時間は短くなるでしょう。

そして、この項では、より確実に内定を得るための手段を説明していきます。それは、「受けたい企業が、興味のありそうなシステムを開発する」ということです。「興味がありそうな」というのは、少しでも、その会社の事業と、共通するような内容を含んだものという意味です。

面接をする企業としては、どのくらいの実力がある人なのかということを、直接、見たいと思うものです。しかし、プログラミングの技術は、口頭や、履歴書で説明されて、伝わるようなものではありません。

実際に、どのくらいの規模のサイトや、システムを、どのくらいの期間で作り上げられるか。これを手っ取り早く、正確に伝えるには、実際のシステムを作ってしまうのが一番早いです。

サクラサーバーなどであれば、月に数百円という金額で、PHPを利用できます。こういったサービスを利用して、安価でシステム開発の構築を行いましょう。そして、Webシステムですので、面接中に、それを、実際に見てもらえるようにしましょう。

理想としては、スマホ・パソコンによって、表示内容が最適化されるレスポンシブデザインで作成し、面接中には、スマホで見せると良いでしょう。そして、パソコンで見た時の画面も、サイト内で切り替えられるようにするか、写真を撮って見せるのも良いでしょう。

そして、企業が作るシステムの多くが、データベースを利用しているということもあり、面接中に、SQLのレベルについても、聞かれる可能性が高いです。そのため、できるだけ、レコード数の多いデータベースを自分でも、作ってシステム化すると良いでしょう。

企業では、Oracleを使っている会社も多いですが、最近、ライセンスの金額改正があったようで、他のデータベースについても、知識を持っていると優遇される可能性が高いのではないかと思います。こういったところまで、徹底して行える人は、非常に稀です。そのため、システムの内容が硬度であれば、面接官に強い印象を与えられます。

4.7 後はひたすら面接の経験を積む

さて、ここまで、できる限りの準備が整いました。後は、それを面接で表現するだけです。ここまでの項を、正確に実践してきた人にとって、多少、面接が苦手だったとしても、転職に成功する確率は、非常に高いと思います。

しかし、面接をした時の印象というのは、採用に大きな影響を与えるため、気を抜いてしまっては、成功する転職も成功できなくなってしまいます。具体的に気にするべきポイントは、

・清潔感のある服装、髪型
・質問されたことに「結論→その理由」という流れで答える
・常に笑顔

ということを意識していれば良いでしょう。最初は、面接でうまく話せないこともあるでしょう。しかし、何度も、経験を重ねる内は、どう表現すると伝わるのかということがわかるようになってくると思います。ですので、落ちた会社の数に関係なく、生きたいと思った企業であれば、どんどんと挑戦するのが良いでしょう。

5.Webエンジニアが転職において成功を掴む面接術

5.1 確実に落とされるエンジニアの特長とは?

残念ですが、企業ニーズにマッチをしていないエンジニアは、初期の選考で不合格になります。しかし、少しの意識の改善によって、状況を一変させることもできます。まずは、どのような理由で、選考を見送られるかをご説明します。

5.1.1 スキル不足

求職者のスキルが、応募ポジションの必須要件に満たないと採用が見送られます。スキル不足を埋める他の要素(熱意、ポテンシャル、他に優れた能力等)があれば、専攻突破の可能性を見出せることもあります。

5.1.2 ミスマッチ

企業の期待と、求職者の希望や、主義主張の間の乖離が大きい場合、お見送りとなります。話し合い調整が取れれば、採用の可能性もありますが、志向性や仕事観は、相手に合わせすぎると入社をしても、早期退職に繋がるため、無理は厳禁です。

5.1.3 人柄懸念

大前提、スキルや技術が要されるポジションではありつつも、社員採用の場合、将来的に、プロジェクトリーダーや、マネージャーを期待されるポジションとなるので、コミュニケーション能力も重視されてきます。

外部の人との接触の少ないエンジニアは、ビジネスマナーを学ぶ機会が、あまりありません。そのため、損をする見せ方をしてしまい、面接で悪い印象を与えることも少なくありません。少しの工夫や、努力で求職者の魅力を、より正確に伝えるられるため、面接での印象アップ術をトライしましょう。

5.2 明日から出来る面接での印象アップ術

5.2.1 姿勢を正し、相手の目を見る

初期の面接で、不合格になる場合、姿勢や話し方による原因が考えられます。そこで、人と会話をする時の基本の姿勢や、態度を知り行動を変えましょう。これだけで、面接官の印象は、格段に上がります。

<面接での基本姿勢>

・目を見る:目が合わない人に対して、親和性は生まれません。目を見ることに抵抗があれば、相手の鼻を見ていても、面接官から見ると、目線が合っているように感じられます。

・語尾の最後まで話す:呼吸が続かず、語尾が消え行ってしまうこともありますが、自信がないように聞こえるためNGです。最後の「~です。」「~ます。」まで明瞭にハキハキと話しましょう。椅子に浅く腰掛けて、猫背にならないよう胸を張ると発声もしやすくなります。

・相槌やリアクション:無表情で微動だにしない相手に、話をすることは不快感を伴います。話の合間に「はい」「そうなんですね」や理解を示す頷きがあるか、ないかで、面接官の話しやすさは、驚くほど変わります。良い雰囲気の面接は、好印象となるため、傾聴の姿勢も大切にしましょう。

5.2.2 相手の質問に適した回答をする

アピールできる素晴らしい能力や、経験があったとしても、まずは、質問をされたことへ答えましょう。求めていることと、違う話をされると聞き手は興味を失います。自分としては、アピールしたいポイントであったとしても、面接官からすれば、的を射た回答となるためマイナス印象になるのです。

具体的には、相手が質問をしたフレーズを主語にし回答をすると良いでしょう。

(例)「得意な言語は何ですか?」⇒「得意な言語は〇〇です。」

「〇〇の環境での開発経験はありますか?」⇒「〇〇の環境での開発経験はありません。△△での環境であれば経験があります。」

5.2.3 面接官との会話のテンポを大切に

質問への回答が長くなりすぎないように注意しましょう。質問に適した回答が出来たとしても、求職者の話が長いと面接官は話に飽きてきます。面接では、テンポよく会話をすることも、大切であるので、自分のターンは論理的かつ、簡潔に回答をしましょう。

また、一度に、全てのアピールポイントを話さないようにしましょう。面接官が、質問をしたくなるネタは、残しておくことも、テンポ良く会話をするコツです。

基本的な文章構造例は「私は〇〇が得意です。(質問への回答)→なぜなら、過去のプロジェクトで…(理由付け)→その経験から〇〇の能力を活かして参ります。(結論)」がスタンダードとなります。

5.2.4 失礼な言い回しは避ける

例えば、「企業に感じた魅力は何?」と質問をされて「タイミング良く求人があったから」と答えたらどうでしょうか。この回答では、企業への魅力を感じているかわからず、嫌なことがあったら、すぐに辞めないか、面接官は不安になります。もう一段階、深く掘り下げて回答をしましょう。

「タイミング良く求人があったから」という志望理由の中にも、何かしら企業に魅力を感じたり、嫌に感じなかった理由があるはずです。不安や、懸念を解消するために、面接官は質問をします。自分の中にある感情や、思いを言葉に落とし込み、面接官に安心材料を与える回答をしましょう。

5.2.5 専門用語や業界用語を多用しない

相手に伝わりやすい言葉選びをすることも、ポイントです。都度使用単語の意味の確認が必要となり、求職者の理解を深めるために、時間を有効利用できません。理解が深まらない内に、面接時間が終われば、不合格可能性が高まります。短い面接内で、最大限の理解を得るためにも、平易な言葉をチョイスしましょう。

5.3 ギリギリ落とされるエンジニアの特長とは?

最終面接は、役員クラスの社員や、エンジニアの責任者により、入社後のリスク要素を消すためや、会社にとっての将来性ある人材が、どうかの選定が行われます。最終決定者達の採用判断軸を知り、対策を立てましょう。

コミュニケーション能力の欠如

5.3.1 我の強さが目立つ言動

自分の技術力に、自信があるあまりに、我の強さが出てしまうと面接では、敬遠されてしまいます。現職の会社に対する批判が強かったり、上から目線の言動が多いと、どんなに優秀でも、その批判が理屈が通っていても、高評価になることはありません。

我が強い人は、自分の仕事のやり方を貫く傾向があるため、新しい環境や、やり方に馴染みづらいと思われるからです。自分のやりたい仕事の主張が強すぎて、それ以外の仕事はしたくないという姿勢も、面接官の評価を下げるポイントになります。

企業としては、採用する時に、ニーズがあって採用していますが、いつまでも、その仕事だけをしてほしいわけではありません。状況が変われば、別の仕事をお願いする場合もありますし、業務範囲を自ら、拡げていけるメンバーと、一緒に仕事をしていきたいと思っています。

同じ技術を持っていても、「私は、Aの分野で強みがあるので、それ以外の分野での、仕事はしたくありません」という人と「これまでは、Aの分野で実績がありますが、機会があれば、他の分野も勉強しながら、成果を出していきたい」と言う人とでは、どちらが一緒に仕事をしたいか一目瞭然でしょう。

5.3.2 協調性がなく、チームでの開発が苦手そう

プロジェクトの進め方は、企業ごとに違いますが、どの企業でも、複数人でチームを組んで、仕事をしていくことに変わりはありません。企業によって、エンジニアだけのチームを組む場合もあれば、エンジニア以外のメンバーとチームを組むプロジェクトも存在します。

どんなに技術力があっても、協調性がなければ、頻繁にメンバーとの摩擦を引き起こしたり、コミュニケーション不足によって、仕事がうまく進んでいかないのです。せっかくの技術力も活かせないので、面接官としては、正しくチームプレーができるかどうか、細心の注意を払って、観察しています。

例えば、面接時に、ポートフォリオや、レジュメを詳細に作って、持ってきたから、口頭での説明はいらないだろうという姿勢はよくありません。書類を見るだけであれば、データで送って、確認すればいいのですから、あえて、時間をとって、対面するのはなぜかを考えてみましょう。書類を正確に作ったとしても、それを口頭で伝える練習も欠かさずにしましょう。

また「自分はコミュニケーションが苦手です」と自分から、言うのはNGです。コミュニケーション能力があるかどうかを判断するのは面接官なので、自分で言ってしまう人は「苦手だからコミュニケーションを取りたくない」という姿勢に受け取られてしまいます。自分で、苦手だと思っていても、克服する姿勢を見せましょう。

5.3.3 コミュニケーション能力不足の対策法

我が強すぎたり、協調性のなさも新卒、第二新卒程度であれば「社会人経験がない(少ない)から」と、多めに見てもらえることもあるでしょう。しかし、年齢を重ねる程、評価はシビアになり、30歳を過ぎて、コミュニケーション能力不足だと思われると「ここからは治らないな」と思い、その時点で、不採用が決まってしまいます。

その人にしか、出来ない業務があったり、ゼロから、大規模プロジェクトを成功させてきたなど、圧倒的な成果があれば、話は別ですが、よっぽどの技術か、経歴がなければ難しいでしょう。そのため、転職を考えているのであれば、コミュニケーション能力の不足を克服していかなければなりません。

普段から、言葉で分かりやすく伝えることを意識していると、自然とコミュニケーション能力は向上していきます。エンジニアは、チャットツールなどで、やり取りする傾向が強いですが、普段から対面でエンジニア以外の人にも、分かりやすく伝える意識をしてみましょう。

エンジニア以外の面接官や、技術に疎い経営者にも、分かりやすくアピールできれば、採用へ、グッと近くなります。また、ネガティブな発言が多い人は、自分が発する言葉に気をつけましょう。エンジニアでなくても、企業はネガティブな人を避けたがるものです。

普段から、愚痴や消極的な発言をしている自覚がある人は、まず、ポジティブな言葉を出すことから意識してみましょう。発する言葉が変われば、自然に考え方もポジティブになっていきます。

5.3.4 志向性や将来への希望の相違

マネジメント志向か、現場志向か等企業の期待と、求職者の希望に相違がある場合、能力的には、問題がなくとも、入社後のミスマッチを避けるために、採用には踏み切りません。無理に、企業が期待する方向性に合わせると後になって、求職者が辛くなるので得策とはいえません。

どうしても働きたい企業であった場合には、自分のためにポジションや、待遇の調整を申し出ましょう。企業からの面接評価が高ければ、優秀な人材を逃さないために求職者の希望を叶えてくれる可能性もあるからです。

5.3.5 他候補者との比較

複数人が、最終面接まで残った場合、比較検討し、最も企業に適した優秀なエンジニアが採用されます。この場合は、それまでに積んだ経験や、面接でのパフォーマンス次第となるため、相手のスペック次第となります。

しかし、アピールをしきれなかったために不合格になる場合は別です。他のライバルと差別化するためにも能力の伝え漏れは避けましょう。職務経歴書に経歴とは別に活かせる能力があれば書いておくと、面接官の目にも留まりやすく求職者も面接中にアピールする材料になります。

5.3.6 決め手に欠ける

面接で受け答えを取り繕いすぎて、候補者の本当の姿が見えず、採用に踏み切ってもらえないこともあります。また、覇気や、やる気を感じられないと、すぐに辞めないかが懸念となります。将来、働く仲間になるかもしれないので、自分の持ち味を出しつつ、入社への意気込みや、覚悟を伝えることも、採用面接官の背中を押す重要なアクションなのです。

5.4 最終面接官の採用意欲について

リクナビNEXTの最終面接官の採用意欲調査によると、「採用する気持ちがかなりあった」が40%、「多少あった」が38%、「特に、そんな気持ちはなかった」が22%であるため、対策の仕方次第では、転職成功を手中に収める可能性は十分にあります。技術やスキルを高める努力は勿論、相手により理解をしてもらう努力もしていきましょう。

6.エンジニア必見!転職先がブラック企業なのかどうかを見極めるコツ

6.1 掲載求人よりも、低い給与を提示して内定を誘導してくる

まず始めに、ブラック企業に多い点としては、求人の掲載において、虚偽の内容を載せていることです。もしも、あなたが今働いている会社が、そうであるなら、早めに、転職を考えた方が良いでしょう。なぜなら、これからも、不当な要求をされる可能性があるからです。

しかし、面接を受ける段階では、給料の額についてはわからないでしょう。日本人は、お金の話を堂々とするのが、苦手な人が多いですので、これはある程度、仕方ないのですが、内定通知書が来たら、まずは金額を確認しましょう。この金額に元々の掲載との差があるなら、直接会社に異議申し立てるのが理想です。

また、その他の項目についても注意が必要です。最近ではいかに良い条件に見せるのかということを重視しているブラック企業も多いので、給料が多いように見えて、実は見込み残業の時間が非常に長かったり、交通費やその他の手当てが大部分を占めており、基本給の部分が非常に少なかったりします。

さらに、休日に関しても、注意が必要でしょう。「週休二日制」と「完全週休二日制」の間には、非常に大きな差があるように、少しの言葉の違いで、大きな違いが出てきます。「土日休み」と書かれていたから入ったのに、土日は休みだけど、祝日は、全て出勤になるケースもあるようです。

多くのエンジニアが、面接を苦手としています。そのため、一つの会社から、内定が出たからと言って、すぐに、その内定を受けようとします。掲載内容との差があったとしても、

「会社にも、事情があるのだろう」
「今の自分の経歴なら、これくらいなのかもしれない」
「年齢的にも、分相応かも」

などと、考える人も少なくありません。しかし、それは大きな間違いです。そして、もし可能であるなら、面接の際にも、希望の年収を伝えることです。明確に、自分の主張をする人に対して、ブラック企業は、内定を出す確率も低くなるでしょう。ブラック企業が求めるのは、文句一つ言わない、従順な人間なのです。

それでなくても、IT業界は、今や、最も成長している分野です。エンジニアが欲しい会社は、星の数ほどあるにもかかわらず、エンジニア自体は、非常に少ないのです。だから、安い給料の会社に入らなくても、もっと良い会社は、多数現れます。

どの会社においても、今は、ITエンジニアが必要な時代になっています。RPAなどの機械に仕事をさせるようなシステムが、今、非常に注目を集めていますが、それを導入するにも、社内に、エンジニアが必要になります。メンテナンス等、全て委託することも可能ですが、非常にコストが高くなってしまいます。

そのため、できるだけ、安い賃金でエンジニアを手に入れたいと考える企業も増えてきています。そういった会社に捕まらないように、是非、自分の意見や、主張をしてほしいと思います。

6.2「今すぐ決めなければ、他の人が入る!」などと緊急性を煽ってくる

こういった、謳い文句を出してくるような企業は非常に危険ですね。他社と、色々比較されると困るので、出来るだけ、新しい情報を入れる前に入社させたがるのです。これも典型的なブラック企業のパターンです。

これと、同様の謳い文句としては、「すぐにでも、働いて欲しいんだけど、明日からこれる?」などといったセリフがあります。このような事を言われた場合には、一旦、持ち帰って、検討する事を肝に銘じましょう。

その場の勢いで判断すると、何年も、何十年も苦労する可能性があります。超大手企業でもない限り、すぐさま、内定の枠が埋まる事なんてありませんから、安心して下さい。ブラック企業ほど、面接する側の気持ちや、将来的な事まで、考えてくれませんので、自分で、正確に見極める必要があります。

6.3 面接予定が全く立たず、いつも連絡が遅い

ブラック企業というのは、ある特定の部署のみが、激務の場合もありますが、多くの場合は、会社全体が激務です。更には、前項などで挙げたように、給料などを虚偽の内容にて、掲載していることもあります。

そのため、社員は忙しい割に、面接希望者が溢れかえるという状況に陥ります。そのため、いくら待っても、面接の日程が決まらない可能性があります。また、面接以外の時に、会社や、契約条件について質問しても、返信が遅いのも、ブラック企業の特徴です。

激務のため、返信どころではないのでしょう。このような対応の会社に当たった場合には、注意が必要です。正確な統計を取ったわけではありませんが、基準となるのは、48時間というラインです。

朝や夕方にまとめて、メールの処理を行う職員は多数いますし、転職の時期によっては、非常に、多数の応募があることも可能性としてはあります。さらに、新卒の採用に、積極的な企業であれば、その準備が必要だったりしますので、一概には、言えませんが、営業日で2日間以上空くようなら、ブラック企業の可能性は高いです。

7.Webエンジニアが転職するのにお勧めのベンチャー企業9社

7.1 株式会社ベビーカレンダー

「赤ちゃんの笑顔でいっぱいに」をコンセプトに、赤ちゃんに関する産婦人科様向け事業、メディア事業、ファーストプレゼント事業、タッチシステム事業の4つの事業を運営しています。赤ちゃんのサポートのために、お母さんの目線でサービスを提供される会社は少なくないですが、病院に対してなど、サービス提供者にも事業展開しているところは珍しいと感じます。

インターネット関連のエンジニアリングサポートも充実しており、赤ちゃんに関する仕事についてみたい方であれば、幅広く職種を募集されているので、一度ホームページを覗いてみてはいかがでしょうか。

〇このような人にお勧め

・人とコミュニケーションを取るのが好きな方
・組織のために能動的に働くことのできる方
・チームワークを大事にし、チームのために意見を出すことの出来る人

〇勤務体制

正社員 09:30~18:30(実働8時間) フレックスタイム制度あり

〇福利厚生・待遇

社会保険完備

〇教育制度

不明

〇設立年

1991年

〇従業員数

39人

〇取引先情報

全国病院・クリニック
雪印ビーンスターク株式会社
森永乳業株式会社
ダイワボウ情報システム株式会社
加賀電子株式会社
住友電気工業株式会社
SEIオプティフロンティア株式会社
シネックスインフォテック株式会社

〇事業内容

産婦人科様向け事業
メディア事業
ファーストプレゼント事業
タッチシステム事業

〇運営サービス

<産婦人科様向け事業>

院長先生、スタッフ、産院ごはんインタビュー
動画制作、ホームページ制作
レシピカード
ARTパッド
ベビーパッド プレママ
かんたん診療予約システム
Baby Echo
体重管理アプリ
ベビーパッド
ベッドサイド
ベビーパッド
おぎゃー写真館
絆レター

<メディア事業>

サイト
アプリ

<ファーストプレゼント事業>

ファーストプレゼントカード
プレゼント受付サイト

<タッチシステム事業>

楽たっち
RL

〇売上高

〇資本金

3000万円

〇会社所在地

静岡県三島市大社町18-7 小林ビル2F

〇電話番号

055-983-3737

〇会社サイト

URL : https://corp.baby-calendar.jp/

7.2 株式会社すららネット

社長や取締役などの肩書に囚われることなく、その人のアイディアや考えの方を大切にしたいと考えるフラットな組織を目指しています。また、ベンチャー企業であるため、一人で数多くの分野の仕事を任されることもあります。

一歩先のスキルを要求される仕事に対しても、前向きに挑戦すれば、結果が返って来るようにシステムが組まれています。社員がより良い働き方をすることが出来るように、Web会議など様々な工夫が施されています。

〇このような人にお勧め

・主体的に仕事を探し、動くことの出来る人
・ベンチャーで働くことに意義を見出し、意欲的に働くことの出来る人
・チームワークを大切にし、協調性を大事にする人

〇勤務体制

正社員 週休2日制

〇福利厚生・待遇

社会保険完備

〇教育制度

思考スキルや業務推進力をつけるための各種研修を集中的に実施

〇設立年

2008年

〇従業員数

27人

〇取引先情報

全国の私塾や私立学校

〇事業内容

e-ラーニングによる教育サービスの提供および運用コンサルティング、マーケティングプロモーション及びホームページの運営

〇運営サービス

すらら
everyday TOEICⓇL&R TEST
ピタドリ
おしゃべりマンガ
計算マスターへの道
英単語・英熟語マスターへの道
速さ博士・割合博士
スタディパーク
デジタルスタディ

〇売上高

7億3166万円

〇資本金

2億7405万8080円

〇会社所在地

東京都千代田区内神田1丁目7番8号 大手町佐野ビル5階

〇電話番号

03-5283-5158

〇会社サイト

URL : http://surala.jp/

7.3 株式会社グローバ

日本や世界の至る所には、まだまだ世間には知られていない優れた人、企業が存在します。例えば、ローカルな地域に所在する地域密着型のお店などは、多くの人の目には止まり辛いものです。

しかしながら、そのような世間に知られていない人、企業の中には、おもてなしの心のあるサービスを提供されることも少なくありません。これらの企業を知りたい人に、上手く伝えられるように繋げるのが株式会社グローバの使命と捉えています。

〇このような人にお勧め

・成長意欲の高い人
・仕事を最後までやり遂げることの出来る人
・人とコミュニケーションを取り、積極的に仕事をすることの出来る人

〇勤務体制

〇福利厚生・待遇

〇教育制度

〇設立年

-2014年

〇従業員数

〇取引先情報

〇事業内容

リフォーム会社向けクラウドサービスの提供

〇運営サービス

リフォームガイド

〇売上高

〇資本金

23,000,000円

〇会社所在地

東京都渋谷区道玄坂1丁目15-3 プリメーラ道玄坂326号室

〇電話番号

03-6452-5120

〇会社サイト

URL : http://www.growba.co.jp/

7.4 LeapMind株式会社

LeapMind株式会社は、ディープラーニングを中心とするベンチャー企業です。スタートアップに関わる表彰も受けています。昨今話題のAIの人工知能に注目して、AIに関連した事業を展開しています。ソフトウェアとハードウェアの両方において、ディープラーニングを組み込んで、研究開発にも力を入れています。

ディープランニングは、最新の技術体系であり、新しいテクノロジーに興味がある人にとっては、非常に遣り甲斐のある会社だといえそうです。

〇このような人にお勧め

・チームを大切にし、前向きなフィードバックを受け入れられる人
・最新のスキル、知識に興味を持ち、学習意欲のある人
・常に効果的な仕事の方法を求め、切磋琢磨出来る人

〇勤務体制

正社員 週休二日制(土日)

〇福利厚生・待遇

〇教育制度

社内勉強会を積極的に行っています。

〇設立年

2012年

〇従業員数

47人

〇取引先情報

Intel Corporation
KDDI株式会社
富士通株式会社
株式会社NTTデータ
電通アイソバー株式会社
株式会社小糸製作所
株式会社シグマクシス
三井住友建設株式会社
大日本印刷株式会社
株式会社博報堂
GfK Japan

〇事業内容

ライセンス事業
自社サービスの提供
ソリューション事業

〇運営サービス

DeLTA-Lite

〇売上高

〇資本金

781,984,,235円

〇会社所在地

東京都渋谷区円山町28-1 渋谷道玄坂スカイビル5F

〇電話番号

03-6696-6267

〇会社サイト

URL : http://leapmind.io/

7.5 株式会社 Laboro.AI

AIに着目した最先端のベンチャースタートアップ企業です。AIという未だ未発達の分野において、関連サービスを導入支援を行い、独自のノウハウからコンサルティングまで行っています。

また、AIのテクノロジーを活かして、研究を行い、AI技術に基づくシステムにカスタマイズも行っています。例えば、不動産仲介などのマッチングサービスにも、AIの技術を活用することが出来ます。AIに興味があり、新技術の浸透に興味がある方には面白い企業の一つです。

〇このような人にお勧め

・技術に対する興味が強く、積極的に学習出来る人
・人とコミュニケーションすることが好きな人
・自らのスキル・経験を活かし、チームを引っ張れるリーダーシップのある人

〇勤務体制

正社員 09:45~18;30(フレックスタイム制)

〇福利厚生・待遇

各種社会保険完備

〇教育制度

〇設立年

2016年

〇従業員数

11人

〇取引先情報

沖電気工業、フロムスクラッチ、大手自動車業界の会社、人材紹介会社、外資系保険会社など

〇事業内容

人工知能技術を用いたソリューション開発事業
人工知能の活用に関するコンサルティング事業

〇運営サービス

<人工知能技術を用いたソリューション開発事業>

文章分類・タグ付けエンジン
マッチングエンジン
類似画像検索エンジン
チャットボートフレームワーク
購買予測エンジン

<人工知能の活用に関するコンサルティング事業>

AI関連プロダクト開発者の研究支援
AI系プロダクトのGo-to-market支援
事業への技術導入戦略策定、及びPoC支援

〇売上高

1億円

〇資本金

1,000万円

〇会社所在地

東京都中央区銀座8丁目11-1

〇電話番号

03-4571-0036

〇会社サイト

URL : https://laboro.ai/

7.6 株式会社ZenmuTech

インターネットが普及した現代において、情報セキュリティの重要性は益々高まるばかりです。株式会社Zenmu Techは、そのような環境の中で情報セキュリティ何よりも大事にしています。興味深いことに、万一貴重なデータが盗まれたとしても、その本質を逃がし、実質的な被害が発生しないように、システムが組み込まれています。

パソコンにおけるセキュリティ、サーバーにおけるセキュリティなど、インターネット環境のあらゆるサプライチェーンの中の対応サービスを用意しています。サイバー犯罪などが起こりやすい現代では面白い業界であるといえます。

〇このような人にお勧め

・新しい業務にも積極的にチャレンジすることが出来る人
・プログラミングをすることが好きな人
・セキュリティの役割に興味を持ち、知識を高められる人

〇勤務体制

正社員 09:00~18:00(ただし、10:00~15:00をコアタイムとする)

〇福利厚生・待遇

各種保険完備

〇教育制度

〇設立年

2014年

〇従業員数

20人

〇取引先情報

アセンテック株式会社
株式会社ウフル
株式会社甲武システム
株式会社シーイーシー
シーティーシー・エスピー株式会社
ソフトバンクコマース&サービス株式会社
ダイワボウ情報システム株式会社
株式会社ニューシステムテクノロジー
株式会社日立システムズ
株式会社日立システムズエンジニアリングサービス
PCIソリューションズ株式会社
株式会社ファム
富士通株式会社
富士通クライアントコンピューティング株式会社
三井E&Sシステム技研株式会社
ミツイワ株式会社

〇事業内容

オープン・セキュリティインフラストラクチャ”ZENMU(ゼンム)”
シンクライアント用仮想USBデバイス統合管理ソフト”VUMS”の開発・販売
PC端末をよりセキュアに、より使いやすく”お好みセキュアPC”
シンクライアント基盤最適化コンサルティング

〇運営サービス

ZENMU for PC
ZENMU モード
ZENMU for Delivery
ZENMU for Server
ZENMU for Meister
ZENMU Engine(SDK)
お好みセキュアPC
VUMS

〇売上高

〇資本金

10,000万円

〇会社所在地

東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル4F

〇電話番号

03-5436-6540

〇会社サイト

URL : https://www.zenmutech.com/

7.7 株式会社Tryfunds

株式会社Tryfundsは、「挑戦をカルチャーに」を合言葉に、様々なビジネス課題に真剣に取り組む企業を応援しています。世界に視野を広げて、BIZITをはじめとするサービスを展開しています。

株式会社Tryfundsの経営層は面白く、CEOは学生時代に既に起業を経験している、現在まだ20代です。また、自分と違った視点を経営に取り入れたいということで、実の父を相談役として、側に置いています。多様な人材でグローバルな成長を目指すベンチャー企業です。

〇このような人にお勧め

・クリエイティブな発想でクリエイティブな仕事をするのが好きな人
・難しい問題、案件にも積極的にチャレンジするのが好きな人
・チームワークを活かして、自分の意見を出すことに抵抗がない人

〇勤務体制

正社員(週休2日制)

〇福利厚生・待遇

各種社会保険完備
ストックオプション制度
開発設備補助
セミナー参加費用、書籍購入費用補助

〇教育制度

即戦力として業務に当たれるように、厳しいインターンシップ制度が用意されています。

〇設立年

2012年

〇従業員数

40人

〇取引先情報

〇事業内容

海外進出・地方創生・インキュベーションに関するコンサルティング業
ヘッドハンティング・コンサルタント派遣等
市場調査、販売活動、販売促進活動に関するコンサルティング業
デザイン制作、動画制作、Webページ制作に関するコンサルティング業
インターネット技術に関するコンサルティング業
M&Aアドバイザリー、企業間パートナーシップ、に関するアドバイザリー業務
情報収集、情報処理、情報提供に関するサービス等

〇運営サービス

BIZIT
TRYFUNDS INVESTMENT

〇売上高

4億円

〇資本金

1億5,828億円

〇会社所在地

東京都港区芝3丁目1番14号 芝公園阪神ビル5階

〇電話番号

03-6453-9008

〇会社サイト

URL : https://tryfunds.co.jp/

7.8 株式会社クリーマ

株式会社クリーマは、創業者が正当に努力しているのにもかかわらず、報われずに夢を諦めてしまった友人の姿を目にし、このような世の中を変えていきたいという思いから設立されました。

事業内容としては、リアルなイベント開催やWeb上のポータルサイトなどを活用して、日本最大級のハンドメイドマーケットを展開し、創業者の創業理念を実現するべく、業務に当たられています。ハンドメイド等の商品の購入を通じて、拘りを持った商品への思いを大切にすることが出来るようになります。

〇このような人にお勧め

・自ら考えて、専門分野を高めていくことが出来る人
・周りとコミュニケーションを取りながら、仕事をすることが出来る人
・「本当に良いものを世の中に送り出したい」という経営ビジョンに共感を覚えた人

〇勤務体制

正社員(原則としてある程度の実務経験が要求されます)

〇福利厚生・待遇

社会保険完備、交通費全額支給、ストックオプション制度、3駅ルール住宅手当、セミナー・勉強会・書籍購入費会社負担

〇教育制度

〇設立年

2009年

〇従業員数

60人

〇取引先情報

〇事業内容

ソーシャルコマース事業
クラフトイベント事業
セレクトショップ運営

〇運営サービス

Creema
ハンドメイドインジャパンフェスin東京ビッグサイト(HMJ)
クリーマストアinルミネ新宿2

〇売上高

〇資本金

9億7,470万円

〇会社所在地

東京都渋谷区神宮前3-1-14 LE REVE2F

〇電話番号

03-6447-0153

〇会社サイト

URL : https://www.creema.co.jp/index.html

7.9 株式会社シナモン

株式会社シナモンは、「日常的に発生する無駄な業務をなくし、人が創造性溢れる仕事に集中できる世界を目指します」をスローガンに、AIの人工知能のディープラーニングにまつわる商品・サービスを提供しています。

創業者は、シリアルアントレプレナーであり、学生時代に起業した会社をバイアウトし、ベンチャーキャピタルより1.5億円の資金調達を獲得されています。海外ビジネスにも積極的に参画し、今後の展開が注目されている企業です。

〇このような人にお勧め

・当事者意識を持って、仕事を進めることが出来る人
・自分の経験していない領域にもチャレンジしてみようという意欲のある人
・明るく、コミュニケーション能力の高い人

〇勤務体制

正社員 フレックスタイム制(コアタイム11:00~15:00)週休二日他特別休暇あり

〇福利厚生・待遇

各種社会保険完備

〇教育制度

〇設立年

2016年

〇従業員数

80人

〇取引先情報

〇事業内容

人工知能プロダクト事業
人工知能コンサルティング事業

〇運営サービス

Flax Scanner

〇売上高

〇資本金

約金3400万円

〇会社所在地

東京都港区東麻布1丁目9番16号 MTP東麻布ビル6階

〇電話番号

03-6807-4091

〇会社サイト

URL : http://cinnamon.is/

8.まとめ

エンジニアと言えば、ソフトウェア開発など従来型のエンジニア業務を創造してしまうかもしれませんが、業界は日々進化しており、AIの人工知能を活用したディープラーニングに力を入れている企業が多いことが分かります。

また、エンジニア専門企業でなくとも、赤ちゃんについてのサービスなど一見エンジニアとは関わり合いがないように思われる分野の企業においても、現在ではエンジニアの技術を生かして、経営の多角化を図っていることが見て取れます。このように、エンジニア専門ではない企業に転職し、エンジニアとして業務に関わることも大いに「アリ」ではないでしょうか。

【お客様満足度97.8%】第二新卒の転職ならTREX

無料でで超優良企業から「最短14日」で内定が貰える!最短14日で内定が貰える秘密はコチラ
20代で...超優良企業から内定が貰える魔法の杖があったとは・・・